社交ダンス用語集

社交ダンスでよく使用される用語について解説します。

INDEX

サ行

財団

財団法人日本ボールルームダンス連盟のこと。JBDF [Japan Ballroom Dance Federation]と略される。
独自の教師資格と競技会を持っている。
[参]社団 団体

サイド・リーディング [Side Leading]

前進または後退するとき、ステップする足と同じ側の体を先行させること。以前はショルダーリードと呼称されていた。

サポーティング・フット [Supporting Foot]

体重を支えている足。
[対]ムービング・フット

JDC [Japan Dance Council]

一般社団法人日本ダンス議会の略。独自の教師資格と競技会を行っている。
[参]団体

JDSF [Japan DanceSport Federation]

社団法人日本ダンススポーツ連盟の略称。アマチュアの競技会を行っている。
[参]団体


シー・ビー・エム [CBM]

コントラリー・ボディ・ムーブメントの略。
[参]コントラリー・ボディ・ムーブメント

シー・ビー・エム・ピー [CBMP]

コントラリー・ボディ・ムーブメント・ポジションの略。
[参]コントラリー・ボディ・ムーブメント・ポジション

社団 [All Nippon Association of Dance]

社団法人全日本ダンス協会連合会の略。全ダ連と略される。
[参]財団 団体

スウェイ [Sway]

片足のボールで回転すること。
[参]ボール

スタンダード [Standard]

ワルツ・フォックストロット・クイックステップ・タンゴ・ウインナワルツの5種目をスタンダード種目という。
モダンともいう。
[参]モダン ラテン・アメリカン・ダンス

ステップ [Step]

ダンスでは、一歩を踏み出すことを「ステップする」という。チャートでは歩順のこと。
[参]アマルガメーション フィガー ルーティン

タ行

チェック [Check]

動きを切り替える動作のこと。

デモンストレーション [Demonstration]

「実演」、「論証」等の意。ダンスではパーティー等でドレスアップして演技することや講習会や試験などにおける技術の示範等をいう。

テンション [Tension]

「緊張」、「不安」、「張力」等の意。ダンスでは運動するのに適した筋肉の緊張感のこと。

トー [Toe]

つま先のこと。テクニックブックでは「T」
[参]フット・ワーク

同足

通常、男性と女性の足の左右の関係は対になっている。男女ともに同じ側の足をステップすること。

ナ行

日本ダンススポーツカウンシル [DSCJ]

JDSF・JDC ・JPBDAの団体が協力して運営しているアマチュアのための競技ダンス団体。
この団体が公認する競技会で使用されるクラス分けのことを統一級と呼ぶ。
[参]団体

ノー・フット・ライズ [No Foot Rise]

ヒールをフロアーに接したまま、ボディ及び脚で行うライズ。主に後方にステップする時の内側回転で用いる。
NFRと略される。

ア行・カ行|サ行・タ行・ナ行|ハ行・マ行ラ行・ワ行