社交ダンス用語集

社交ダンスでよく使用される用語について解説します。

INDEX

ラ行

ライズ [Rise]

「上昇する」「起きる」「浮かび上がる」等の意。ダンスでは、足及び脚でフロアーを圧して(ヒールがフロアーから離れる) 体全体が上昇すること。

ライズ&フォール [Rise and Fall]

足、脚、及びボディを通して行われる上下運動のこと。

ライン・オブ・ダンス [Line of Dance]

舞踏室の壁に沿って、壁と平行な線で、時計の針の動きと反対の方向に踊る方向線のこと。LODと略される。

ラテン・アメリカン・ダンス

ボールルームダンスでは、ルンバ、チャチャチャ、サンバ、パソドブレ、ジャイブの5種目がラテン・アメリカン・ダンスとして競技種目で用いられている。このダンスの基になる、ラテン音楽とはラテン語を日常語とする国家圏で生まれた音楽を指し、現在ではキューバを中心とする中南米音楽をいう。この中でジャイブだけがアメリカ生まれの音楽だが、踊りのタイプが男女離れて踊るところからラテンダンスの 範囲に含まれた。
[参]スタンダード モダン

リード&フォロー [Leads and Follow]

リードとは、男子がフィガーの順序、タイミング、ポジションを女子に伝えること。
フォローとは、男子のリードについていくこと。


ルーティン [Routine]

フィガーの組み合わせの順序を決めたもの。アマルガメーションともいう。
[参]アマルガメーション ステップ フィガー

ロアー [Lower]

体全体の位置を下げること。又はフロアーから離れていたヒールを降ろすこと。

ロック [Lock]

「錠をかける」等の意。ダンスでは、両足を交差させること。

ロック [Rock]

「前後左右に揺り動かす」等の意。ダンスでは、両足を開いたまま、体重を移し替えること。

ロンデ [Ronde]

フランス語で「円舞」の意。ダンスでは、円を描くように足を回す動作のこと。

ワ行

ワパチャ・タイミング

チャチャチャの通常タイミング「1・2・3・4 &」を、第二拍で普通より遅らせ、その後1/4拍で踊るタイミングのこと。

ア行・カ行サ行・タ行・ナ行ハ行・マ行|ラ行・ワ行